ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 面付
    めんつけ

    面付(めんつけ)印刷は効率を考え、印刷機で刷れる最大の大きさの紙に複数ページをまとめて印刷していく。その際、折り単位に合わせて各ページがページ順になるようページを配列、刷版を焼き付けていくことを「面付」と言う。雑誌、書籍などのページものから、1枚ものの端物まで、すべて面付作業は行なわれる。ページ物の場合は、面付して出力、その後に裁断して各ページを折ごとにまとめた折丁を作っていくことになる。従来、面付は手作業だったが、DTPが普及した今では、自動面付けソフトで面付けして出力することが主流となった。1枚の用紙に印刷するページ数は2、4、8、16、32ページであることが多い。同じ紙の裏にも面付することを「2面付」と呼び、面付の作業自体は印刷会社で行なわれる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP