ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 無線綴じ
    むせんとじ

    無線綴じ(むせんとじ)印刷された用紙を本にする製本の方式のひとつ。糸や針金を用いず、丁合の完了した折丁の背に糊などの接着剤を塗布して表紙を貼り付ける。無線の由来は、製本の際に線(糸や針金)を使用しないことから「無線」と言われている。広義の平綴じに含まれることもあり、背を一度切り落として接着面を作る切断無線綴じと、切り込みを入れて糊を浸透させる網代綴じに大きく分かれる。糸かがり綴じに比べて工程数が少なく、比較的安価にできるため、漫画雑誌や文庫本、コミック、新書、雑誌、電話帳などに使われる。ページのずれが無いことから、中綴じよりもページの多い冊子に向く。強度アップのため、綴じる前には糊などの接着剤が触れる表面積を増やす溝を背に入れることが一般的に行なわれている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP