ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 返本
    へんぽん

    返本(ヘンポン)

    返本(へんぽん)「返品」とも言い、書店での委託期間が過ぎ、売れ残った出版物を取次へと戻すこと。その後、取次から発行元の出版社へと出版物は戻ることになり、これも「返本」という。発行部数に対して、何割の出版物が戻ってきたかを「返本率」と呼び、この数値が低い程、当然ながら売り上げの良い商品ということになる。現在、多くの出版物の返本率はおおよそ4割と言われている。出版社は、取次へ出版物を納入し、委託期間が過ぎれば納入した分、つまり刷った部数分の金額を受け取ることになる。そのため、適正な刷り部数以上に刷数を増やすことは、出版業界では一般的に行なわれている。その後、返本があるたびに、返本にかかるコストなどを含めて出版社は取次へと金額を支払うことになる。出版社ではこうして、いったん出版物を収めて収益を上げ、再び次の出版物を制作するなど、自転車操業的に出版物を刊行している会社も少なくない。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP