ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 判型
    はんがた

    判型(ハンガタ)

    判型(はんがた)「体裁(ていさい)」とも呼び、本のサイズを指す。ページ物はA判、B判などの用紙サイズから選ぶことが一般的。この用紙サイズを「判型」と呼ぶ。出版物により異なるが一般的なものでは雑誌、画集、絵本は297㎜×210mmのA4判、単行本、ビジネス書など持ち運びやすいコンパクトなものは210mm×148mmのA5版が多い。逆に会社の記念誌や社史、写真集、マニュアル集など大きめのページでじっくりと読ませるものは、A判よりもサイズの大きいB5判が好まれる。B5判は257mm×182mmとなっている。A判、B判の他、257mm×210mmのAB版を採用する雑誌、写真集、絵本なども多い。チラシなどの端物は判型の選定の他、二つ折り、四つ折り、じゃばら折りなど加工方法も含めて体裁を考えていくことになる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP