ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • ノンブル
    のんぶる

    ノンブルフランス語のnombre(数)に由来する、本のページを表す数字のこと。そのページが何ページ目か分かるようにページの端に入れてある。本文以外の余白部分であるヘッダーかフッターに配置されることが多い。表紙は「表1」、裏表紙は「表4」などと呼ばれ、ページ数に含まれない。本文だけに数字を振る場合と、扉や口絵、目次などの前付、付録や索引、奥付など本文と後付を通して数字を振る場合がある。同じ書籍でも、序文の挿入や判型の変更による改版などが行なわれると、ノンブルは大きく変動する。DTPソフトは、ページの追加や削除に応じて自動的にノンブルの振り直しが可能で、ノンブルを自動入力する設定ができる。誌面上でノンブルを見せたくない場合などには、綴じ側(ノド側)に入れる隠しノンブルが使われる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP