ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • のど
    のど

    のど(ノド)

    のど本の部分の名称のひとつ。本の中身の背に接する部分、または綴じ目の側。のどの反対側の小口に寄せて本文を書き込むと、綴じ方によっては綴じたときに読めなくなる場合があり、のどは平綴じをする場合、他の綴じ方よりも余裕が必要になる。特に無線綴じや平綴じの場合は、のど側が開きづらくなる。文字を入れる場合は、十分なスペースを確保することが重要。のどの余白のことを「のどアキ」とも言い、製本の方法やページ数、使用する紙の厚みによって考慮する必要がある。DTPソフトで見開きドキュメントを作成するときの、内側のマージン(余白)がこれにあたる。中綴じの場合、のどまで開ききることが可能なので、のどアキを設定する必要がなく、写真やイラストなどが誌面全体にレイアウトすることができる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP