ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 中綴じ
    なかとじ

    中綴じ(なかとじ)二つ折りにした紙の折目の部分を表紙ごとホチキスの要領で針金で留める、本の綴じ方のひとつ。総ページ数は表紙を含めて4の倍数ページとなる。表紙と本文用紙が異なり、背にあたる部分がないため、背文字は入れられないが、本のノド(見開いたときの中央部分)いっぱいまで開くことができ、主に耐久性を求められない週刊誌や家電品の取扱説明書、薄型の月刊誌、パンフレットに用いられている。他にも教科書や報告書に多い、紙の端から5mm程度を綴じ代として針金で留める平綴じ、丈夫で長持ちすることから一般書籍や百科事典に多い、本の背を糸でかがって綴じる糸綴じ、文庫本や雑誌に多い、糸や針金を使わず本の背を糊で固めて綴じる無線綴じなどがある。針金や糊を使わず、強い圧力をかけて紙の繊維をからませる製本方式もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP