ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 定価
    ていか

    定価(テイカ)

    定価(ていか)書籍、雑誌ともに定価は、本体価格+税という表記で書かれる。本の定価を出版社が決められる制度は再販制度により古くから守られている。なお、本体価格の約7割を収入として得る。ただ、約3割は紙、印刷、製本などの製造原価、そして販売費、管理費などの間接費も約2〜3割かかるため、利益は10〜20%程と言われる。なお、取次は約1割、実際に販売する書店は約2割が利益と言われる。700円の雑誌で考えてみると、出版社は490円、取次は70円、書店は140円がおおよそだが入ることになる。また、書籍は著者との印税に関する契約、また漫画などのように原作者と書き手が異なる場合などもあり、内訳は出版社、出版物により異なる。紙の印刷か、電子書籍かによってもコストに違いがあり、利益率は異なってくる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP