ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 裁ち落とし
    たちおとし

    裁ち落とし(タチオトシ)

    裁ち落とし(たちおとし)用紙を断裁する部分を「裁ち落とし」と呼び、仕上がりサイズと同じ意味がある。印刷、製本、裁断した場合、当初想定している裁ち落としの位置からズレることを考えて、2〜3mm程余裕を持たせて裁ち落とし位置を決め、デザインをしていくことが基本となる。ページが裁断される位置、ギリギリに文字や写真などを配置すると、裁断時に文字や写真がカットされてしまう危険がある。なお、裁ち落としの位置はトンボでマークされる。トンボはあらかじめ仕上がりサイズを編集者から伝えられたデザイナーが制作することになる。裁断しても大丈夫なように余裕を持ってトンボなどは作ってあり、初校時などに編集者や校閲者が確認する他、入稿後、複製を作るための版を作るチェック工程である検版、さらに下版時には印刷会社の担当者によっても、改めて裁ち落としに問題がないかは確認される。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP