ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 外函
    そとばこ

    外函(ソトバコ)

    外函(そとばこ)本の保護を目的に付けられる箱のことで、「外箱」と呼ぶこともある。ただし、外箱の場合、商品を内部に入れる箱という意味合いでも使われ薬やゲームソフトなどを入れる箱も、外箱ということがあり、出版社などでは外函と記述することが多い。辞書などに付けられるケースが多く、第一に保護を優先する場合は、原価を抑え安く製函するため印刷用紙よりも厚手の板紙で作ることが多い。ただ、装飾も目的とした外函にはカラー印刷時の色ののりなどを考慮し、より高級な板紙を使うこともある。また、書籍を扱う出版社では、帯の付いた本や外函入りの本の場合、すべての外観を含めたものを「書影(しょえい)」と呼んだり、帯や外函を外した状態のものを「書影」と呼んだりするケースもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP