ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ


  • 背(セ)

    背(せ)本の部分名称のひとつ、本を並べたときに書名が入る部分。本の背中にあたる。書籍の綴じ側。「背表紙」とも言う。仮製本の場合は、直角に仕上げられ、中綴じやノート製本は丸山の形の背になる。本製本は丸背の場合と角背の両方がある。表紙の原稿を作る際、背のサイズによって原稿サイズが変わり、背は本文の頁数・紙の厚みによって変わってくる。おおよその背幅を計算する式もある「(本文ページ数 ÷ 2)×厚さ下表=背幅(mm)」。製本工程で乱丁や落丁を防ぐために、各折り丁の背の部分に書名と折丁の順序を示す番号の背丁が印刷されており、背丁と一緒に■●などの記号も刷り込まれている。「背標」と呼ばれるもので、折の並べ方の正誤を確認できるよう■●などの記号が階段状に並ぶようになっている。背丁は、青焼きの段階から確認できる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP