ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 出版社PR誌
    しゅっぱんしゃぴーあーるし

    出版社PR誌(しゅっぱんしゃぴーあーるし)書店のレジ横などに置かれることの多い、A5版変形と小さな小冊子タイプの出版物。その名の通り、自社をPRする名目で出版社が発刊しているもの。定価も100円程度と安価で求めやすい。作家の小説やエッセイ、自社出版物の宣伝などが掲載されている。購入してくれる読者はもちろん、取引先である書店員へ自社商品を紹介するツールとしての機能も持ち合わせている。出版社PR誌の歴史はかなり以前まで遡り、1897年(明治30年)に丸善から出された「學鐙(がくとう)」が最も古い。ついで1938年(昭和14年)の岩波書店の「図書」などと続く。誌面も若手の作家による連載から、ベテラン作家によるここでしか読めないエッセイなど読み応えがあり、出版社PR誌の連載をまとめて1冊の作品として刊行されるものもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP