ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 再販制度
    さいはんせいど

    再販制度(さいはんせいど)正式には再販売価格維持制度。出版社が書籍、雑誌の定価を自社で決め、書店などで定価販売ができる制度のこと。本来、独占禁止法では生産者が小売業者に対して商品の価格を指示することは禁じられているが、出版物に関しては1953年(昭和28年)の法改正により認められた。再販制度があることで出版社は全国どこでも自社で定めた価格で販売することができる。書店は取次会社から仕入れた出版物を店頭に並べ、再販制度と共に定められる委託販売制度により、売れ残りはリスクを冒さず返品できるなどのメリットがある。いわば出版社、取次、書店を守ってきた制度でもある。だが、見直しに向けた議論が交わされる制度でもある。遠隔地でも都市部と同じ値段で買える、返品できるおかげで書店には個性的で様々な本が並ぶなどの恩恵を受けられるため制度を維持しようという声もある一方、大手出版社のなかにはすでに自社のWEBサイトなどで過去の出版物を割り引いて販売する会社もあるなど、今後、内容の変更も考えられる制度でもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP