ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 罫線
    けいせん

    罫線(けいせん)ノート、便せんなど手書きで文字書く際などに、揃えて綺麗に書けるよう目安となる線のこと。ノートなどに書かれ縦書きでも横書きでも1行ごとに等間隔で書かれていることが一般的。「罫(けい)」と呼ぶこともあり、出版業界では表などの枠線を指して「罫線」と言うことも多い。太さによって表罫(おもてけい)、裏罫(うらけい)などに分かれている。一番太い表罫は約0.1mm、裏罫は約0.45mmとなる。帳票の設計基準について規定してある日本工業規格(JIS)による「JIS Z 8303」では、帳票で使う表の罫線は枠には裏罫か中細罫、表内には中細罫か細罫を使うようにと細かく規定されている場合もあるが、太さにより名称が異なる他、波線は「波罫(なみけい)」、破線を「ミシン罫」など形状により呼び名が変わることもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP