ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 折り
    おり

    折り(おり)印刷する場合、印刷機で刷れる最も大きな1枚の用紙で刷っていくことが基本となる。用紙のサイズに入るページ数分を並べて1枚の刷版(さっぱん)を作り、まとめて刷る。そして折り機にかけて1ページの大きさになるまで折っていくのだが、これをページ組みの製本工程の単位で「折り」と言う。紙に何ページ分の印刷を行ない、全部で何折りあるかによって本のページを数える単位としている。折りは、本の最初のページを含む折りから順に1折り、2折りと数える。本全体の中に単色ページとカラーページが混在する場合、紙が異なるので別の折りにする必要もある。また、紙の厚さ、薄さも考慮し、薄い紙は1折りが32ページ、厚い紙は1折りが8ページになることもあるなど、様々な条件を加味して折りは決められていく。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP