ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • オフセット印刷
    おふせっといんさつ

    オフセット印刷(おふせっといんさつ)印刷イメージとなる版と紙が直接触れないのが特徴。版は複製を作るためのハンコと考えれば分かりやすい。版に付けられたインキを、一度ゴムブランケットなどの中間転写体に転写(オフセット)したあとで、紙などに印刷するため「オフセット印刷」と呼ばれている。クリアな印刷ができ、版が直接紙に触れないことから版の磨耗が少ないため、大量印刷に適していることが特徴。輪転機を使用すれば短時間で大量の印刷が可能になる。ただし、設備費用が高価、立体感が出づらいという点があるが、それよりもメリットの方が多く、オフセット印刷用の用紙も発達してきていて、現在、日本だけでなく世界中で出回っている大量印刷を必要とする商業印刷機の多くはオフセット機になっている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP