ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 奥付
    おくづけ

    奥付(おくづけ)本の巻末に記載されている、本の身分証明書、戸籍のような役割を果たすページ。書籍の正式名称や著者、訳者、編者、発行者、発行所または出版社、印刷所、製本所、発行年月日、版数、刷数、価格などが印刷されている。はじまりは、江戸南町奉行の大岡忠相が風紀紊乱(ふうきびんらん)の書物に手を焼き、1722年(享保7年)に書物に奥付を付けるよう御触書を出したというのが通説。その後、1869年(明治2年)の出版条例、1893年(明治26年)の出版法で発行人や印刷人の奥付表示を規定。1949年(昭和24年)に出版の自由が保障され、出版法が撤廃されたものの、現在も慣習として続いている。特に決まった形式はない。あくまでも記録として設けられているが、誰が作ったのか、いつ頃作られたのか、何度も改訂されているのかといったことが分かる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP