ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • 印税
    いんぜい

    印税(いんぜい)出版物以外に、音楽、映像など著作権が発行する著作物を扱う会社が、著作者に対して支払う対価のこと。出版社に関しては、著作物に関する権利である出版権を保有する著作者に対して支払うものを指す。印紙税に関連したロイヤリティーの一種であり今でも「税」の一文字を付けて表される。出版物の印税は、定価と印刷部数、または実売部数に契約時の%をかけて算出する方法が一般的。大手出版社では10%が多いと言われるが、会社の規模、著作者によって様々ある。出版物の印税には刷り部数で算出する発行印税、実売の部数で算出する売上印税の2種類あるのが、音楽や映像と異なる点である。出版物が返品条件付き売買により取次から書店へと流通されることもあり、発行印税で算出すれば著作者にとって有利、実売印税なら出版社にとって利益の出る算出方法と言える。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP