ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

本屋[書店]

出版用語集

出版用語集 出版用語集

文字サイズ

  • アキ
    あき

    アキ字と字の間、行と行の間、文字組と写真の間、さらには、仕上がりの紙面全体における写真や文字のない部分など、すべて「アキ」と呼んでいる。情報誌などの多くが、ページ内になるべく情報を盛り込もうという編集意図に沿って、自然とページ内のアキは少ない傾向にある。そして、デザイナーが苦心する点もこのアキをいかに作るかという部分も大きい。写真をあえて小さく配置し、誌面内にアキをたっぷりと持たせれば、その分、シンプルにすっきりとした誌面となる、やや上品な印象を与える。それと逆で、アキが多いことでボリューム感のない、すかすかとした印象を与えないように注意を払う必要もある。アキのことを、「空白、余白」ということもあり、意図してアキを多く持たせるかなどはページ単位でなく、1冊の出版物で統一していることが多い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の本屋[書店]を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP