施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の書店情報を無料で検索できます。

ホームメイト書店リサーチ

書店情報

書店が生みの親?「サン・ジョルディの日」



4月23日は「サン・ジョルディの日」。大切な人と本や花を贈りあう、愛と知性あふれる記念日です。なぜこの日に本を贈るのでしょうか?

スペインで生まれた「サン・ジョルディの日」

スペインで生まれた「サン・ジョルディの日」

サン・ジョルディとは、スペイン・カタルーニャ地方の守護聖人である騎士のことです。カタルーニャでは、「サン・ジョルディの日」である4月23日には、街中にたくさんの花屋や本の市が立ち、恋人や親しい人に本とバラを贈りあうという習慣があります。以前は女性から男性に本を、男性から女性にバラを贈っていましたが、今ではお互いに本を贈ったり、親子や友だちでプレゼントしあうこともあります。

日本でも、この習慣にならって本の良さを再認識し、本に親しみをもってもらおうと、日本書店商業組合連合会をはじめ、いくつかの団体が共同で、20年以上前からPR活動を続けています。また、4月23日はユネスコにより「世界の本の日」に指定され、国連の国際デーとして「世界図書・著作権デー」にも指定されています。

なぜ本の日に?

なぜ本の日に?

それでは、なぜ「サン・ジョルディの日」にバラと本を贈り合うのでしょうか?

もともとはサン・ジョルディがドラゴンから王女を救うために戦い、そのドラゴンの血の跡に咲いたバラを手に王女へ愛を誓った、という伝説がありました。そこから、彼の命日の4月23日には男性が女性にバラを贈って愛を伝える、という習慣が生まれたのです。また、4月23日は著名な文学者であるミゲル・セルバンテスやウィリアム・シェイクスピアの命日にもあたることから、いつしか女性からは本を男性に贈るようになりました。

愛の守護聖人、サン・ジョルディ

愛の守護聖人、サン・ジョルディ

スペイン・カタルーニャ地方は、バルセロナを州都に持ち、フランスとの国境に接するスペイン北東部に位置する場所です。個性的な文化を育んできた土壌からは、ダリやミロ、ガウディなど、歴史に名を残す天才芸術家が多く輩出されています。

実はカタルーニャ地方は、1977年に自治権を回復するまでの長い間、独自の自治や言語を禁止され抑圧されていました。そのため、スペイン国家からの独立意識も強く、政治・経済・文化面での独自性が強い土地柄です。

ドラゴンを相手に果敢に戦った騎士サン・ジョルディの姿と、独裁政治と戦うカタルーニャの人々の精神が重なることから、伝説の騎士・サン・ジョルディが今でも地元の人々に愛され続けているのではないかといわれています。

愛の守護聖人、伝説の騎士の功績をたたえて、大切な人に本と花を贈りあう「サン・ジョルディの日」。日本での知名度はまだまだですが、普段なかなか素直に伝えられない気持ちを本に託して、あなたも4月23日に大切な人に本を贈ってみませんか?(参考資料:「日本書店商業組合連合会」「関西カタルーニャセンター」)