ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
本屋[書店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

書店情報

古書店ごとに違う古書の相場



古書の価格は、状態や価値など、様々な要素によって決まります。古書のプロが決める価格には、どのような基準があるのでしょうか。

価格の決め方

価格の決め方

古書店の書棚で、並べて置いてある同じタイトルの本なのに、値段が違っていることがあります。古書店での価格は、なぜその価格になるのか、一般にはわかりづらいところです。

ブックオフなどの新古書店では、買い取る時の価格基準は、「本の状態」とはっきりしています。傷や汚れのない状態の良い本は買い取り価格が高く、状態の悪い物は値が下がります。「販売数」や「在庫数」などの要素も絡んできますが、一般にもわかりやすい価格基準です。深い知識がなくても査定できる仕組みになっているので、古く価値ある専門書でも、その価値どおりの価格にならないことがあります。

一方、古書店での価格は、本の状態はもちろん、「発行からの年数」「発行部数」「在庫数」「著者」などの要素から、経験豊富な店主が、希少価値や今後の需要などを考慮して決めていきます。他の古書店では評価が低い古書でも、新たな価値・可能性を見いだす古書店では、他店より価格も高くなります。

交換会

交換会

古書の価格を決める重要な要素の一つに交換会があります。交換会とは古書の市場のことで、古書店の組合が主に開催しています。東京古書組合では、平日は毎日開催していますし、日本全国で頻繁に開かれています。この交換会での相場が古書店での価格に反映されるのです。

交換会では、自店で買い取った専門分野以外の本を出品し、専門分野の本を仕入れます。これは古書組合加盟の業者だけが参加でき、一般の人は参加できません。古書に精通しているプロの業者だけの入札形式の市場なので、ここで取引される価格が自店での価格の参考になるのです。

また交換会は「見る目」を鍛える絶好の場です。交換会に参加して、本に見合った価格を付けるべく、古書店側も勉強しているのです。

ネットで検索できる価格

ネットで検索できる価格

プロの店主による、長年の経験と勘によって左右される古書の価格。近年では「日本の古本屋」や「スーパー源氏」などのサイトで売値の検索もできるようになりました。また、ネットショップやオークションの価格もネットで見ることができます。古書店側でもそれらの情報を考慮し、価格設定をするようになってきました。昔に比べればわかりやすくなってきた古書の相場ですが、専門書の価格に関しては、やはりプロの店主による長年の経験で培われた知識と勘、そして「見る目」が大きく影響しています。そしてそれが、1冊1冊の古書の価値に見合った、適正な価格となるのです。

(参考資料:「古本買取価格査定net」、「ブックオフオンライン」、「Business Media 誠」)