ご希望の書店情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト書店リサーチ

書店情報

新古書店のしくみ



ここでは、新古書店のしくみについて説明します。

新しいスタイルの「新古書店」とは?

新しいスタイルの「新古書店」とは?

「新古書店」という言葉をご存知でしょうか? 希少性が高く、古ければ古いほど価値が認められる従来の古書店に対して、人気マンガの単行本や注目作家のベストセラーなどの大衆的な本を高く評価するのが新古書店です。

「暗くて、狭い」といったこれまでの古書店のイメージを一掃し、店内は明るく、売り場面積も広くとれる郊外を中心に展開しています。本だけでなく、CDやDVD、ゲームソフト、ゲーム機器なども併せて扱っている店舗も増えています。

最近では不要なものをリユース(=再利用)するという消費者のニーズが高まっていることから衣料品をはじめ、スポーツ用品、子供用品、貴金属など、幅広い商品を扱うお店も登場しています。

新古書店とは、字のごとく、新しいスタイルの古書店のことなのです。

新古書店のビジネスのしくみ

新古書店と古書店では、商品に対する考え方が大きく違います。古書店では、絶版本や初版本などの珍しい本ほど価格は高く、品揃えも「美術書が多い」「歴史本に強い」などと店によって傾向が異なります。

これに対して新古書店では、その本の状態(汚れや破損)や人気の高さを判断して価格を決めています。店頭に並ぶ品も、店舗による違いはほとんどなく、一般の書店と同じようにマンガや文庫本から単行本、雑誌に子ども向け絵本、参考書や辞書など、あらゆるジャンルにわたっています。

そのため、古書店では高値で買い取られていたサイン本などの希少価値の高い商品でも、大手の総合新古書店では、たとえ著者のサインが書かれていても、価格には反映されないことはおろか、「書き込みのある難本」として買い取りの対象外となる場合もあります。

また、新古書店では買い取り価格の基準をマニュアル化しています。そのため、今までの古書店の店員のように「目利き」といった特別な技術や知識を持っていない人でも、店員として勤められるようになりました。また、買い取り価格の基準をマニュアル化したことから、他店舗と均一化した料金サービスを展開することが可能になりました。

書店と肩を並べる新古書店

新古書店で買い取った古書はすべて研磨機で磨き、クリーニングを行ないます。そのため、古書特有の黄ばみや臭いは、ほとんどありません。中には、新刊と見間違えるくらいに状態の良い本もあります。

販売方法も、従来の古書店のように全巻をセットにしたまとめ売りやビニールをかけたパック販売よりも、単品で作家順、出版社順に整理されて書棚に収められているものが多く、新刊を扱う一般の書店に近い店構えになっています。

現在、2兆853億円ともいわれる書籍販売の市場ですが、その30%規模のシェアを持っているのが新古書市場です。(「『<図解>出版業界ハンドブック(東洋経済新報社)」』より)1990年代に登場したまだ新しいスタイルですが、古書店はもとより、一般書店にとってもその存在を無視できないほど、大きな成長を遂げています。