ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
本屋[書店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

書店情報

オンライン書店が提供するオンデマンド出版



オンライン書店で本を購入しようとしたとき、「在庫切れ」と表示されていてがっかりしたことはありませんか。また、欲しい本が絶版になってしまい、手に入れることができないとなると、悔しい思いをすることでしょう。こうした状況をなくすべく導入されたのが、オンデマンド出版です。ここでは、オンライン書店が始めたオンデマンド出版とは、どんなサービスなのかを紹介します。

オンデマンド出版とは?

「オンデマンド」とは、ユーザーの要求(デマンド)があったときに、提供するという意味です。ですから、「オンデマンド出版」とは、書籍や雑誌のコンテンツをデジタルデータ化して保管しておき、読者が読みたいと思ったときに、必要な冊数だけを印刷して販売する出版形態です。もちろん1冊から販売可能です。

オンデマンド出版を利用すれば、本が売り切れて絶版になることもなければ、部数を刷りすぎて在庫を抱えることもないのです。読者にとっても、出版社にとっても大きなメリットがあります。

アマゾンのプリント・オン・デマンド

国内最大級のオンライン書店「Amazon.co.jp」は、2011年4月より、オンデマンド印刷技術を活用したサービス「プリント・オン・デマンド(POD)プログラム」を開始しました。 PODとは、ユーザーの注文を受けてから印刷・製本を行ない、出来上がった書籍を出荷するというシステムです。 PODが適用された書籍は、アマゾンの商品ページで常に「在庫あり」の状態になります。ユーザーは通常の書籍と同じように、「当日お急ぎ便」や「お届け日時指定便」などを利用して、欲しい本をすぐに入手することができます。また、出版社は在庫を持つことなく、収益を拡大することができるのです。

PODのラインナップを見るには、アマゾンの「本」のトップページ左の「サービス・ストア」のうち、「プリント・オン・デマンド」をクリックしましょう。ここには60万冊以上の本が揃っています。その内訳は、一度絶版になった作品の復刻本や、希少本、特注本、英語をはじめ、ドイツ語、フランス語、スペイン語の洋書などです。サービス開始当初は洋書のみだった品揃えが、日本の出版社の参入によって徐々に和書も増えてきています。今後は、ニッチな市場の本や学術書などのさらなる増加が見込まれます。まだ始まったばかりのPODプログラムですが、オンライン書店の新たなサービスとして拡大していくことが期待されています。

(参考資料:「アマゾン」)