施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の書店情報を無料で検索できます。

ホームメイト書店リサーチ

書店情報

オンライン書店における中古本の買い方



街中にある書店に新書店と古書店の2つが存在するように、オンライン書店でも中古本を扱っている場合があります。街中の古書店よりもはるかに検索性が高く、安く購入できることが多いため、多くの人が利用しています。ここでは、オンライン書店での中古本の買い方を紹介します。

マーケットプレイスとは?

マーケットプレイスとは?

新書を販売するオンライン書店には、古書も扱っているところがあります。「アマゾン」や「楽天ブックス」などがそうです。また、新書は置かず、古書のみを扱っている「古本市場」のようなオンライン書店もあります。ここではアマゾンを例に、中古本の購入方法を見ていきましょう。

アマゾンには、「マーケットプレイス」というネット上の取引市場があります。アマゾンの規約に同意して手数料を支払った個人ユーザーやショップが、アマゾン内に商品を出品することができるのです。商品ページに複数の価格がついていたり、「新品の出品」「中古品の出品」などと表示されている場合は、マーケットプレイスでも商品を購入することができます。

このマーケットプレイスをうまく活用すると、通常のアマゾンで販売されている新書よりも本を安く購入できたり、ここでしか買えないレアな本に出会えたりします。中古本でも構わないという人には、かなりお買い得なサービスなのです。

マーケットプレイスでの購入方法

マーケットプレイスでの購入方法

マーケットプレイスの商品は、通常のアマゾンと同様の流れで購入することができます。ただし、出品者は個人ユーザーやショップであるため、商品の配送方法、代金の支払い方法などは出品者ごとに異なります。

中古本が1円で出品されていることもめずらしくなく、安さにつられて買ってしまいそうですが、価格以外にもチェックすべき点があります。商品の状態と出品者の評価です。商品の状態は、「コンディション」欄に「非常に良い」「良い」「可」などの評価とともに、コメントで記されています。特に「可」のものは要注意で、本に書き込みがあったり、線が引かれていたり、カバーがない状態だったりすることも視野に入れておきましょう。出品者の評価は、「販売/出品」欄で確認することができます。過去にその出品者から購入したユーザーが5段階で評価し、商品の品質や発送の素早さなどがコメントされています。これらをもとに信頼できる出品者かどうかを判断するのです。以上をふまえて、ネットで状態のいい新古書や希少な中古本を手に入れましょう。

(参考資料:「アマゾン」『Amazonの取扱説明書』)