施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の書店情報を無料で検索できます。

ホームメイト書店リサーチ

書店情報

出版社、取次会社、書店の関係性



ここでは、出版社、取次会社、書店の関係性について説明します。

出版業界の流通の要となる「取次会社」

出版業界の流通の要となる「取次会社」

私たちが書店で手にする本や雑誌は、出版社で作られ、取次会社を経由して全国の書店に届けられます。「出版社」が本のメーカーならば、「書店」は商品を消費者に販売する小売店です。それでは、「取次会社」とは出版業界においてどのような役割を果たしているのでしょうか?

ここからは、出版社、取次会社、書店のそれぞれの関係性を見ていきましょう。

取次会社は、一般の消費者である私たちにはあまりなじみがありませんが、出版社と書店の流通を結ぶ重要な存在です。出版社から本や雑誌を仕入れ、書店の規模やニーズにあわせて配本(=供給)を行なうのが取次会社の大きな役割です。

ほかの業界では、商品を作るメーカーと消費者に商品を販売する小売店の間をつなぐ販売会社を「卸(おろし)」と呼びますが、商品を卸すというよりは、売れ筋商品の補充や売れ残った商品の返品などを行なう"取次"が主な業務になっていることから「取次会社」と呼ばれています。

コンピューターやネットワークが普及した現在は、書店や消費者に対して「出版物の検索情報」や「新刊、売れ筋などの情報提供」なども取次会社の重要な業務になっています。また、書店に対しての経営相談、出版社に対しては新刊などの商品企画のアドバイスを行ない、出版業界のコンサルタントとしての役割も果たしています。

<取次会社の主な3つの役割>

1.本を仕入れ書店に配本したり、返品を受け付けたりする物流機能

2.代金の回収や支払いを代行する金融機能

3.出版社の新刊情報や書店での売り上げ状況を把握・分析して、それを供給させる情報提供機能

日本の出版流通のしくみ

日本の出版流通には、再販制度と委託制度の主に2つの販売制度があります。

1.全国どこでも同一価格を支える再販制度

「再販制度」は、出版社(メーカー)が本や雑誌の小売価格を決めて、書店が定価で販売する制度です。たとえば、家電量販店では商品が値引きされて売られているのに、本は全国どこの書店でも定価で販売されているのを不思議に思ったことはありませんか? 本が値引きできないのは、この再販制度により本の定価が決められているからです。

もし再販制度がなくなったら、売れ行きの予測が立てやすいベストセラーの出版に偏ったり、物流コストがかかる遠隔地の本の価格が上昇するといった問題が起こってしまいます。

2.書店の在庫リスクを少なくする委託制度

「委託制度」は、書店に販売を委託し、一定の期間内であれば仕入れた本を出版社へ返品できる制度です。書店の在庫リスクがないため、多種多様の本を置くことができるといったメリットがあります。その一方で、出版社は多くの本が返品されると赤字のリスクを背負うことになります。

ここでは、書籍や雑誌の代表的な流通ルートと販売制度をご紹介しましたが、オンライン書店や電子書籍などの登場で従来の流通や販売制度にも新たな動きが出てきています。出版業界が今後、どのように変わっていくのか、目の離せない状況が続きそうです。