ご希望の本屋[書店]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
本屋[書店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

書店情報

大きさによる分類



本には、用途にあわせてさまざまなサイズがあります。JIS規格で定められている紙のサイズにあわせたサイズが多いものの、規格以外でも良く使われているサイズがあります。ここでは、本のそれぞれのサイズについて解説します。

規格サイズの本

規格サイズの本

本のサイズは、「判型(はんがた/はんけい)」と呼ばれ、基本的にはJIS規格にあわせたサイズが多く使われています。これは、用紙自体がこの規格でつくられているため、無駄が少なく、一定のコストに抑えられるというメリットがあるからです。

それでは、日本の雑誌や単行本、文庫本などの主な本のサイズを見ていきましょう。(※単位はすべてミリメートル)

A4判 横210×縦297
大判の雑誌や写真集、美術大全集などに使用されます。写真や図版を中心にした本や雑誌は、このサイズでつくられることが一般的です。
B5判 横182×縦257
週刊誌のサイズです。また一部のムック本やイラスト集が、このサイズで出版されています。
A5判 横148×縦210
学術書・文芸雑誌・総合雑誌・教科書などが、このサイズでつくられています。A4判を半分にしたサイズで、鞄に入れて持ち歩きしやすいサイズです。
B6判 横128×縦182
一般の書籍で用いられるサイズです。
A6判 横105×縦148
ポケットに入る小型サイズで、再版される文庫本がこのサイズ。紙の仕上げ寸法で、A5判を半分にしたサイズです。

規格外のサイズの本

規格外のサイズの本

JIS規規格外で現在もよく使われているサイズは、3つ。ここからは、規格外のサイズを詳しく見ていきましょう。(※単位はすべてミリメートル)

四六判 横127×縦188
「しろくばん」と呼ばれるサイズです。いわゆる単行本サイズで、小説・エッセイ・句歌集・ビジネス本などに用いられています。かつての本の規格サイズがそのまま汎用サイズとして残っています。
菊判 横152×縦218
学術書などに多く用いられるサイズです。こちらも、かつての本の規格サイズがそのまま残ったもの。菊判とは、用紙の名前で、初めて輸入されたときに菊の花の商標がついていたことから菊判と呼ばれています。
新書判 横103×縦182
縦長サイズの小型の本に使われています。新書本やコミックの単行本に多いサイズです。新書判は生産量が多いため、専用のサイズで特別に用紙がつくられています。

変型サイズの本

変型サイズの本

JIS規格の紙の寸法であるA列やB列に、左右または天地にあわせた変型サイズの本で良く見られるものも、あわせて紹介しておきましょう。(※単位はミリメートル)

AB判 横210×縦257
ワイド判とも呼ばれ、女性誌やグラビア誌に多く使用されます。ちなみに、横がA4、縦がB5と同じサイズです。