ご希望の書店情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト書店リサーチ

書店情報

ハードカバーとソフトカバー



表紙に厚手のボール紙を使った「ハードカバー」と、表紙に比較的安価でやわらかい紙を使った「ソフトカバー」。どちらにも魅力があり、カバーにこだわって本を選ぶ人も少なくありません。ここでは、それぞれのメリットや特徴をご紹介します。

ハードカバーとは

ハードカバーとは

もともとは本の装丁の工程のひとつで、厚手のボール紙で作られた表紙に紙または布のクロスを貼り付ける工程のことをいいます。別名で「上製本」とも呼ばれます。厚手のボール紙や布を使うことから費用はかかりますが、耐久性が良く、高級感を醸し出すことができます。また、表紙の大きさが本文用紙に比べてやや大きめなのが特徴です。表紙が硬く丈夫なことから「ハードカバー」と呼ばれ、単行本の総称としても使われています。

ソフトカバーとは

ソフトカバーとは

ソフトカバーは、ハードカバーと比べて、やわらかい紙を表紙として使った製本のことです。

別名で「並製本」と呼びます。比較的安価な用紙を使い、表紙と本体が同じサイズというのが特徴です。ソフトカバーは、実用書をはじめ、新書や文庫本に使われています。単行本を総称してハードカバーと呼ぶのに対して、文庫本や新書などの総称としても使われています。

ハードカバー派? それともソフトカバー派?

ハードカバー派? それともソフトカバー派?

ハードカバーとソフトカバーは、それぞれの特徴によって、メリットとデメリットがあります。例えば、ハードカバーは厚手のボール紙を土台に使っているので、丈夫で壊れにくい、というメリットがあります。また、表紙に布や革などを使ったものは、本そのものの風合いや手ざわりを感じることができたり、美しい写真やイラストを楽しむことができるため、本の内容だけでなく、装丁を含めてひとつの作品として楽しむことができます。

このハードカバーと比較して安価な価格で手に入るのが、ソフトカバーです。ハードカバーと比べて耐久性には劣りますが、持ち運びに便利で、通勤や通学の電車の中で読むのにも最適です。ソフトカバーと呼ばれる本のなかでも、特に文庫本は、単行本でベストセラーになったものや話題になったものを、再出版というかたちで作られることがほとんどです。基本的には単行本と同じ内容のものですが、修正や加筆が加えられることも多く、読書好きの中には、より完成度の高い作品と考える人もいます。

作家の手で加筆されることで有名なのが、京極夏彦氏の文庫本です。作家自らが、文庫の再出版で多くの加筆を加えるため、タイトルに「文庫版」とあえて明記されることもあるようです。京極夏彦ファンは、単行本と文庫本の両方を読んで、どのシーンがどう変わったかを見つけることが、秘かな楽しみとなっています。

さて、あなたはハードカバー派? それともソフトカバー派? どちらを選ぶかによって、読書の楽しみ方も変わるのではないでしょうか。