ご希望の書店情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト書店リサーチ

書店情報

総合書店の利用法「工学書・自然科学、
コンピュータ技術コーナー」



自然科学書のコーナーには、物理学や生物学などの本が販売されています。一方で身近になったコンピュータの世界。どちらも初心者に向けて、さまざまな本が出版されています。

専門性の高い工学書・自然科学書

専門性の高い工学書・自然科学書

書店の中には、自分とはまったく縁がないような難しい本が並んでいるコーナーがいくつかあります。工学書・自然科学のコーナーは、その1つと言えるでしょう。一般にサイエンスと呼ばれる分野で、生物や物理の本、地学の本を指します。また、工学をわかりやすく説明するならば、人類がより良く暮らすにはどうすればいいかを自然科学を基本に考える学問です。

これらの著書は、大学の先生や研究所の職員が執筆しています。専門性が高く、刷り部数も少ないため、高額になる傾向がありますが、購入するのは、主に同じ研究をしている大学の先生や学生です。大学の教科書として使われることもあるので、自然科学や工学に関する学部をもつ大学近くの書店では、これらの専門書が置かれています。

最近では、「学生時代に好きだった勉強をやりなおしたい」「最近興味がわいてきた」という一般人を対象に、わかりやすく解説をした本も増えています。特に、理科離れの子ども達に理科のおもしろさを知ってもらおうと、子ども目線に立った本が目立つようになりました。

大きく3つに分類できるコンピュータ技術書

大きく3つに分類できるコンピュータ技術書

誰もがパソコンを使う時代になりました。それだけに、コンピュータ関連の書籍は増えています。そして、分野が分かれているのが特徴です。

コンピュータ技術書は、大きく3つに分けられます。その1つが、コンピュータの仕事に携わる技術者を対象とした書籍です。顧客は、プログラミング言語・プログラミングの基本から、新ソフトや新OSの開発の参考にするためにコンピュータ技術書を買い求めます。中にはコンピュータ開発者の伝記的な書籍もあり、技術者達は、こういった本に勇気づけられながら、日々の仕事に打ち込んでいるのです。

2つめは、コンピュータの一般ユーザー・デザイナー・オペレーター向けの書籍です。普段使う「Word」や「Excel」、写真の画像編集ソフト、「Illustrator」や「InDesign」などといったソフトの使い方を解説しています。雑誌の種類も多く、急速に普及してきた「iPhone」を使いこなしたい人向けの雑誌なども多数出版されています。

そして3つめは、「ITパスポート試験」や「基本情報技術者試験」などの試験対策本です。情報処理関連の資格は簡単なものから難しいものまで数多く、それぞれに参考書や過去問題集などが受験者に利用されています。