施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の書店情報を無料で検索できます。

ホームメイト書店リサーチ

書店情報

新古書店



古書店というと、狭くて暗い店内にぎっしりと本が積まれているというイメージがありますが、このイメージを覆したのが新古書店です。1990年代に新たに登場した新古書店についてご紹介します。

新古書店の登場で変化した古書店

新古書店の登場で変化した古書店

いらなくなった文庫本やコミックなどの本を買い取り、汚れを取り除いたあと、新品に近い状態で販売するのが新古書店です。コンビニのように明るく広い店内で、本だけでなくCDやゲームソフト、DVDなども扱っています。1990年に登場したブックオフをはじめ、現在はさまざまな新古書店が大型店舗を全国に展開しています。こうした新古書店の登場によって、マニアが集まるといった古書店のイメージは大きく変わり、10代をはじめとする若年層や女性にも利用されるようになりました。

さらにお得な新古書店の活用術

さらにお得な新古書店の活用術

新古書店には105円均一で売られている特売セール品の棚があるのをご存知でしょうか。ここに平積みになっている本は、特別に汚れているから、状態が悪いから、というものではありません。

ある大型チェーン店では、一定の期間を過ぎると、105円の特売セールの棚へ自動的に移動しています。状態の良い本でも、長い期間、棚に並べられている本は、特売セール品の棚に回されるしくみになっています。また、何冊か同じ書籍がダブってしまったときにも、この特売セールの棚に移動されます。そのため、店内を注意深く見てみると、別の棚では同じタイトルの本が700円や800円で売られていることもあります。このほかにも50円均一や、何冊買っても100円という超お得な特売セールを実施しているお店もあるので、ぜひ新古書店に訪れたときは、一般の書棚を見る前に特売セールの棚を見てみてはいかがでしょうか。

特売セール品はお宝の山!?

特売セール品はお宝の山!?

新古書店と従来の古書店の違いは、価格に対する考え方です。一般的な新古書店では、定価の1割を基準に、本の汚れ具合と店頭在庫の数に応じて本の買い取り価格を決めています。また、販売価格は定価の半額を上限に100円、200円、300円と単純化されています。

これと比較して古書店は、初版本などの希少なものを目利きの店員が高い価格で買い取り、店頭でも高額な価格で販売されます。裏を返せば、新古書店ではどんなにめずらしい本でも定価の半額以上の価格にはなりません。実は、このような特売セール品のなかに意外なお宝が隠れていることがあります。

105円の宝探し

105円の宝探し

新古書店の安売りコーナーでは、すでに絶版となってしまった本をはじめ、初版本や著者のサイン本など、なかなか手に入らない貴重な品が見つかる可能性があります。このような価値ある本が、缶コーヒーよりも安く売られているなんて、びっくりしませんか? 新古書店のこのような価格のカラクリを知っているだけで、古書に対する新たな視点が広がります。

山の岩石の中からダイヤモンドを探し当てるように、ワクワクしながら新刊書店では決して出会うことのない逸品を探してみる、これも新古書店のひとつの楽しみ方かもしれません。